作り置き

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

下味冷凍保存で長持ち、味しみ柔らか豚の味噌漬け
IMG_2194



豚肉をジップロックで味噌ダレにつけておいてから、焼くだけの定番の豚の味噌焼きレシピです♪


味噌ダレにつけたら、ジップロックごと冷凍保存もできるので、長期保存も可能になって便利ですよ(๑╹ω╹๑ )
冷凍していてもしっかり味がしみるし、柔らかく焼けます♪



それではレシピです*




IMG_2195

下味冷凍保存で長持ち、味しみ柔らか豚の味噌漬け
  材料*2人分  
・豚ロース厚切り肉   2枚
・味噌   大さじ3
・濃口醤油   大さじ1.5
・みりん   大さじ1.5
・砂糖   大さじ1
・酒   大さじ1.5

・ごま油やサラダ油
・ぶなしめじ
・愛情


  詳しい作り方  

1.ジップロックに味噌、醤油、みりん、砂糖、酒を入れてもみながら全部の調味料を混ぜ合わせる。
IMG_2006



2.豚肉は脂身にハサミで切り込みを入れ、お肉は包丁の峰で繊維を断ち切るようにたたく。
IMG_2005



3.ジップロックにお肉を入れて全体につけダレがなじむようにして軽く揉み込む。
半日〜1日程度冷蔵庫でおく
または
そのまま冷凍保存する。
(冷凍保存の場合は2週間くらい保存できる。焼く前には冷蔵庫にうつし自然解凍してから焼く)
IMG_2007



4.豚肉のつけだれを軽く落とし、油をひいたフライパンで弱めの火で焼く。焼き色がついたらひっくり返し、両面焼いて中まで火を通す。
IMG_2175



5.お好みで、ぶなしめじを一緒に焼いても美味しい。その場合は、お肉が焼けたらお肉をフライパンからとり、最後にジップロックに残ったつけだれとぶなしめじを絡めながら一煮立ちさせると美味しい。
(つけだれは生肉がついていたものだから必ず一煮立ちさせる)
IMG_2176



6.ぶなしめじから出た水分と味噌ダレがまざったタレができるので、お好みでかけてどうぞ。
IMG_2195



  Cooking NOTE   

冷凍した場合は、必ず冷蔵庫でしっかり解凍してから焼かないと、焼いた時に余分な水分が出てお肉がかたくなります。
お肉は弱めの火で両面じっくり焼くと柔らかく仕上がります。
味噌は落として焼かないと焦げやすいです。



  こんだて NOTE   
この日の献立は…
IMG_2196
献立について詳しくはこちら→☆★





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食と幼児食のブログもよろしくお願いします♡

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

下味つけて冷凍保存で長持ち、味しみ豚の生姜焼き
IMG_3534




すぐに使わない豚肉は、生姜焼き用に下味つけて冷凍保存しておくと、柔らかいままお肉も長持ち!

下味つけてすぐに冷凍しても、しっかり味がしみるから、時間のあるときにつけて冷凍しておけば、いざという時にとっても便利ですよ♪


こんな風にジップロックにつけだれごと入れて冷凍します。
IMG_3511


ちなみにこの日は、生姜焼き用の豚肉が安かったのでまとめ買い。

生姜焼き用と味噌漬けと、2種類下味つけて冷凍しました。


左は味噌漬けした下味冷凍豚肉。
右は今回のレシピの生姜焼き用の下味冷凍豚肉。

IMG_2774



もちろん、冷凍せずに半日程度冷蔵でつけておいてつくってもOKです♪(´ε` )


しっかり味がしみて、ごはんがすすむ生姜焼きレシピ。
今回は、お肉だけじゃなく、レンチンした玉ねぎをお肉と炒め合わせるだけで、すぐに味がしみて美味しくなる時短調理もご紹介します。



甘めで、お子様にも喜ばれる味付けの生姜焼きレシピになっていますよ。


弱めの火で両面焼いて、お肉もしっとり柔らかく仕上げます✧

最後にお肉を柔らかく仕上げるためのポイントも載せておきますね✧


ちなみに!!!
1歳5ヶ月、離乳食完了期の我が家のおちびも、出来上がった生姜焼きと玉ねぎを、お水に数分つけて味を薄くしてから、食べました(๑╹ω╹๑ )

豚肉は脂身がないところを小さくカットして、玉ねぎはそのままの大きさで、お水につけました。
熱湯につけるともっと味をおとせます。



それではレシピです*



IMG_3535

下味つけて冷凍保存で長持ち、味しみ豚の生姜焼き
  材料*2人分  
〈下味の材料〉
・豚ロース肉   300g
・濃口醤油   大さじ2
・みりん   大さじ2
・砂糖   大さじ1/2
・酒   大さじ1
・おろしにんにく、おろし生姜   各小さじ1

〈焼くとき〉
・玉ねぎ   1個
・ごま油   大さじ1
・愛情


  詳しい作り方  

1.ジップロックの中に、豚肉以外の〈下味の材料〉を先に入れて混ぜ合わせ(揉んだり、ふったりすればよし)、豚肉に満遍なくつけたれがしみるようにお肉を広げて入れる。
IMG_2753
IMG_2754


2.半日〜冷蔵庫でつけておくか冷凍保存する。冷蔵保存なら数日以内、冷凍保存なら2週間以内を目安に使う。


3.冷凍した場合は冷蔵庫に1日程度おき、自然解凍しておく。


4.玉ねぎを1cm幅以内にスライスして、ポリ袋に入れて口を開けたまま電子レンジ600wで3分チンする。
IMG_3510



5.フライパンにごま油を熱し、弱めの火で豚肉の両面を焼く。つけだれはまだ入れない。


6.お肉に火が通ったら、レンチンした玉ねぎと袋に残ったつけだれを入れて全体を絡めながら一煮立ちさせて完成。
IMG_3512


7.味しみた玉ねぎと豚肉を一緒にお召し上がりください。七味やマヨネーズもお好みで。
IMG_3535



  Cooking NOTE   

豚肉を冷凍した場合、しっかり解凍しないまま焼くと余分な水分が出てお肉がパサパサになるので、しっかり解凍してから焼きます。
常温に戻したお肉を弱めの火で両面焼くことで、お肉がやわらかく焼けます。
甘みを控えたいときは、みりんと砂糖をどちらも少しずつ減らしてください。
玉ねぎは普通にフライパンで焼くと柔らかくなって味がしみるまで時間がかかるので、レンチンして時短します。そうすると味もすぐにはいります。
お肉を焼いた後につけだれと玉ねぎを入れたら、必ず一煮立ちさせてください。生のお肉が触れていたつけだれを入れるので、しっかり加熱するためです。



  こんだて NOTE   
この日の献立は…
IMG_3541
献立について詳しくはこちら→☆★





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食と幼児食のブログもよろしくお願いします♡

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

蓮根と大葉のお豆腐入りつくね
IMG_1445




お肉の外にも中にも蓮根が入ったつくねです。
食感を楽しみたければ刻んだ蓮根を、そうじゃなければすりおろした蓮根を入れます。


蓮根は風邪予防や癌予防、美肌効果もある何とも嬉しい食材なんだけど、なんと花粉症の症状を抑える効果もあるんです(o^^o)

蓮根に含まれるポリフェノールが、花粉に反応してしまうIgE抗体の働きをおさえてくれるそうな。

だから、今の季節にぴったりのつくねレシピです♡


パサつきがちな鶏むねひき肉を使ったつくねですが、お豆腐入り&裏技満載で柔らかく仕上げられます。

大葉も刻んで入れているのでとっても風味良くできますよ。




柔らかく仕上げるポイントは

①塩と砂糖をお肉に先にもみこむこと
(塩と砂糖の作用で余分な水分がぬけるのを防ぎ柔らかく仕上がります)

②パン粉ではなくお麩を入れること
(お麩はパン粉よりも吸収力があるので、肉汁を逃しにくくジューシーに仕上がります)

③マヨネーズを入れること
(マヨネーズに含まれるお酢の効果でお肉自体が柔らかくなることと、お肉をコーティングして肉汁や余分な水分が抜けるのを防ぎふっくら仕上がります)




ちなみに、離乳食取り分けもできる作り方はこちら→レシピ☆★





それではレシピです*




IMG_1446

蓮根と大葉のお豆腐入りつくね
  材料*手のひらサイズ8〜10個分くらい   
・鶏むねひき肉   300g
・絹ごし豆腐   80g
・すりおろしまたは刻んだ蓮根   40g
・大葉   5枚
・長ねぎ   1/2本
・すりおろしたお麩   大さじ1
・片栗粉   大さじ1
・塩、砂糖   各小さじ2/3
・マヨネーズ   大さじ1
・ごま油   焼くとき用
・輪切りの蓮根   8〜10枚

〈甘辛のタレ〉
・濃口醤油   大さじ2
・みりん   大さじ2
・砂糖   大さじ1/2
・愛情


  詳しい作り方  

1.お豆腐はキッチンペーパーに包み耐熱容器にのせ、電子レンジ600wで1分半チンしてから、キッチンペーパーを新しいものにかえ、ザルの上にのせ重石をして10分程度水切りする。
IMG_1397



2.大葉と長ネギは刻んでおく。蓮根は皮をむきすりおろす、またはきざんでおく。
IMG_1398



3.鶏胸肉に塩と砂糖を入れて素早く粘りが出るまでこねる。マヨネーズ、すりおろしたお麩、片栗粉を入れてこねてから、2とお豆腐を入れて素早くよくこねる。
IMG_1400



4.輪切りにした蓮根の片面に分量外の片栗粉をまぶしてのりがわりにして、丸めて平らにしたつくねにつける。中火で熱したごま油で焼き色がつくまで焼く。
IMG_1402



5.ひっくり返して、弱火〜中火で蓋をして蒸し焼きにする。
IMG_1404



6.甘辛ダレの材料を混ぜてから入れて煮からめる。
IMG_1414



7.お好みで大葉や七味や卵黄と一緒にも美味しいです。
IMG_1482



  Cooking NOTE   

蓮根は両面につけて挟んでもOK。お好みで♪
お好みで七味や卵黄を添えると美味しいですよ。
肉だねは出来るだけ素早く&しっかりこねるとより美味しいです。のんびりこねているとお肉の温度が上がってパサつきの原因になります。こねが足りないとお肉の結合が弱く肉汁が流れ出てパサつきの原因に。



  こんだて NOTE   
この日の献立は…
IMG_1480
献立について詳しくはこちら→☆★





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食と幼児食のブログもよろしくお願いします♡

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼


ついで作り置きの積み重ねで作るママのご褒美DAY
IMG_8327




今流行り、というか、共働きの家庭が多い今の時代に必要かもしれない作り置き。

ですが、わたしはあるときから週末にまとまってする作り置きをやめました。
というか、続かなかった…笑


休日が休む日じゃなくて、疲れる日になってしまったから。
せっかく家族が揃うのに、楽しみじゃなくなってしまったんですよね。
料理は好きなはずなのに、まとめてやるとさすがに疲れるの〜


確かに休日にまとまって作り置きしておくと、平日は楽になるんですけどね(o^^o)



そこで、お料理スタイルをかえました。
今は子育て中で毎日家にいるからということもありますが、ついで作り置きをするようになりました。


IMG_8328



ついで作り置きなんていうと聞こえはいいですが、ようは残り物ってこと。

お料理するときに、いつも基本的に多めにつくって、食べない分は作り置きとして保存するだけのことです。笑



これを毎日繰り返すとね、日々の献立が充実したり、ついで作り置きを使わずに何日分かまとめてとっておけば、数日に1度お料理何もしなくても献立が成り立つ日がやってきます!笑


てなわけでこの写真はね、たまったついで作り置きを保存容器ごとレンチンして食卓に出しただけの夜ごはんでした(o^^o)


IMG_8329


左上から

⿻白菜漬けの油炒め
⿻ホットプレートで牛すき煮→レシピ☆★
⿻ベーコンソテー
⿻レンジで作るほうれん草と人参のバターコーンソテー→レシピ☆★
⿻もやしでカサ増し、野菜たっぷりそぼろ中華あん→レシピ☆★



です(o^^o)

それぞれのライフスタイルにあった、自分が続けやすい家事スタイルをみつけるのも楽しいですね✧






✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

自分に合った分野で
こだわりをもって毎日くらすことは
何か物足りない毎日をきっと
キラキラさせてくれるきっかけになるはず


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食・幼児食のブログもよろしくお願いします♡

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼
お越しくださりありがとうございます

すぐマネできるオシャレシピ
作り置きや献立などを紹介しているブログです

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

パプリカときのこと玉ねぎのナムル



カクテルグラスに入れれば、洋風なおもてなしメニューにもなるし、小鉢やワンプレートの片隅に盛りつければ、普段使いもできる便利な作り置きレシピです✌︎('ω'✌︎ )



作ってすぐはシャキシャキですが、1日おくと味も馴染んで食感もしんなりしてより美味しいですよ。


それではレシピです*




パプリカときのこと玉ねぎのナムル

   材料* 保存容器中    
・パプリカ  赤と黄色1/2個ずつ
・紫玉ねぎ   1個
・ぶなしめじ   1個
・オリーブオイル   大さじ2
・おろしにんにく   小さじ1
・ハーブソルト   小さじ1強
・砂糖   小さじ1/2
・穀物酢   大さじ1
・愛情

   詳しい作り方    
1.紫玉ねぎ は1/4にカットしてから、繊維と垂直な向きで薄くスライスして水にさらしておく。


2.オリーブオイルを熱し、ほぐしたぶなしめじとおろしにんにくを入れて炒める。


3.ぶなしめじがしんなりしたら、薄くスライスしたパプリカと、水気をよーくしぼった紫玉ねぎを入れて、ハーブソルトと砂糖を入れて素早く炒め火を止める。



4.火からおろしたら、穀物酢を入れて混ぜて完成。



5.粗熱がとれたら保存容器で冷蔵保存。



   Cooking NOTE   
✼ 紫玉ねぎは彩のために使っていますが、普通の玉ねぎでももちろんOK。
 紫玉ねぎは繊維と垂直にスライスして水にさらすことで、辛味成分が抜けやすく、美味しく仕上がります。
ぶなしめじはお好みのきのこでOKです。



   こんだて NOTE   
この日の献立は…

たこ焼きパーティーの日のおもてなしおつまみメニューにしました。


この日のパーティーメニュー詳しくはこちら→☆★




✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

↑このページのトップヘ