挽肉

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

ごはんが進む、肉じゃがそぼろあんかけ
IMG_1759




具材も調味料も、家にあるようなものだけでできるレシピです。

そう、玉ねぎ、人参、じゃがいも、お肉。



肉じゃがと同じ具材だし、味付けも肉じゃが。

でも、肉じゃがよりもご飯がすすむおかずです。


ザッと作り方は、

みじん切りにした玉ねぎと人参と、角切りのじゃがいもと豚ひき肉を炒めて、お水と出汁パックとちょっとのお醤油、みりん、砂糖で煮ます。

ピリ辛でごはんがより進むように、豆板醤も入れて食べ応えもアップ(o^^o)


ごはんにかけてもよし、おかずとして食べてもよしです!


離乳食用に取り分ける作り方も、離乳食・幼児食ブログに載せています。
↓↓↓



小さいお子さんがいらっしゃるお家の方は、こちらもみてみてくださいな〜✧



ちなみに、このレシピは、週の終わりで日常的な野菜?
(↑なんやそれ笑
じゃがいも、玉ねぎ、人参、とかのノーマルな常備野菜ってことです。)

くらいしか家になくて、思いつくメニューは、カレーか肉じゃが。

おちびも一緒に食べたいし、キーマカレーついこの間やった気がするし、肉じゃがだと主人は嫌がるし、おちびもごはんが進まないし……

うん、よし、キーマカレーみたいな肉じゃがにしよう!!!


っていう発想で、肉じゃがそぼろあんかけにしたのでした(๑╹ω╹๑ )


肉じゃがそぼろあんかけは、普通の肉じゃがと具材も調味料も変わらないけれど、我が家の主人とおちびには、肉じゃがよりも好評でしたよ♡




それではレシピです*



IMG_1760

ごはんが進む、肉じゃがそぼろあんかけ
  材料*4人分  
豚ひき肉   350g
・じゃがいも   1個
・玉ねぎ   1個
・人参   1本
・アスパラガス   3本
・水   400cc
・出汁パック   1個
・濃口醤油   大さじ3
・みりん   大さじ2
・砂糖   大さじ1
・豆板醤   大さじ1程度
・水溶き片栗粉(片栗粉大さじ2+水大さじ4程度)
・愛情


  詳しい作り方  

1.豚ひき肉を少量の油で炒めて、ある程度火が通って来たら、角切りにして水にさらしたじゃがいも、みじん切りした玉ねぎと人参を加えて炒め合わせる。
IMG_1733



2.油が全体にまわったら、水、出汁パック、皮をピーラーでむいて輪切りにしたアスパラガス、醤油、みりん、砂糖、豆板醤を入れて蓋をして熱し、アクが出たらアクをとり、具材が柔らかくなるまで煮る。
IMG_1734



3.出汁パックを取り除き、火を弱めるか止めるかしてから、水溶き片栗粉をまわしいれてよくかきまぜながら、とろみがつくまで再度加熱する。ここでしっかりグツグツ沸騰させて1分程度混ぜる。(冷めてもとろみが消えなくなります)
FullSizeRender



4.お好みでごはんにかけても美味しいし楽チンですよ〜✧
IMG_1760



  Cooking NOTE   

油分を減らしたい場合は、豚ひき肉を炒めたらフライパンに出た油をキッチンペーパーで吸い取ってから野菜を入れるとオイルカットできます。
✼ 水溶き片栗粉の分量は、水の蒸発量によっても変わるので、レシピを目安にちょうせつしてください。
✼ 水溶き片栗粉を入れる時は、火を弱めるか止めるかしてから入れてすぐ混ぜるとダマになりにくいです。
豆板醤はお好みで調節してください。




  こんだて NOTE   
この日の献立は…
IMG_1762
献立についてはこちら→☆★





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食と幼児食のブログもよろしくお願いします♡

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

蓮根と大葉のお豆腐入りつくね
IMG_1445




お肉の外にも中にも蓮根が入ったつくねです。
食感を楽しみたければ刻んだ蓮根を、そうじゃなければすりおろした蓮根を入れます。


蓮根は風邪予防や癌予防、美肌効果もある何とも嬉しい食材なんだけど、なんと花粉症の症状を抑える効果もあるんです(o^^o)

蓮根に含まれるポリフェノールが、花粉に反応してしまうIgE抗体の働きをおさえてくれるそうな。

だから、今の季節にぴったりのつくねレシピです♡


パサつきがちな鶏むねひき肉を使ったつくねですが、お豆腐入り&裏技満載で柔らかく仕上げられます。

大葉も刻んで入れているのでとっても風味良くできますよ。




柔らかく仕上げるポイントは

①塩と砂糖をお肉に先にもみこむこと
(塩と砂糖の作用で余分な水分がぬけるのを防ぎ柔らかく仕上がります)

②パン粉ではなくお麩を入れること
(お麩はパン粉よりも吸収力があるので、肉汁を逃しにくくジューシーに仕上がります)

③マヨネーズを入れること
(マヨネーズに含まれるお酢の効果でお肉自体が柔らかくなることと、お肉をコーティングして肉汁や余分な水分が抜けるのを防ぎふっくら仕上がります)




ちなみに、離乳食取り分けもできる作り方はこちら→レシピ☆★





それではレシピです*




IMG_1446

蓮根と大葉のお豆腐入りつくね
  材料*手のひらサイズ8〜10個分くらい   
・鶏むねひき肉   300g
・絹ごし豆腐   80g
・すりおろしまたは刻んだ蓮根   40g
・大葉   5枚
・長ねぎ   1/2本
・すりおろしたお麩   大さじ1
・片栗粉   大さじ1
・塩、砂糖   各小さじ2/3
・マヨネーズ   大さじ1
・ごま油   焼くとき用
・輪切りの蓮根   8〜10枚

〈甘辛のタレ〉
・濃口醤油   大さじ2
・みりん   大さじ2
・砂糖   大さじ1/2
・愛情


  詳しい作り方  

1.お豆腐はキッチンペーパーに包み耐熱容器にのせ、電子レンジ600wで1分半チンしてから、キッチンペーパーを新しいものにかえ、ザルの上にのせ重石をして10分程度水切りする。
IMG_1397



2.大葉と長ネギは刻んでおく。蓮根は皮をむきすりおろす、またはきざんでおく。
IMG_1398



3.鶏胸肉に塩と砂糖を入れて素早く粘りが出るまでこねる。マヨネーズ、すりおろしたお麩、片栗粉を入れてこねてから、2とお豆腐を入れて素早くよくこねる。
IMG_1400



4.輪切りにした蓮根の片面に分量外の片栗粉をまぶしてのりがわりにして、丸めて平らにしたつくねにつける。中火で熱したごま油で焼き色がつくまで焼く。
IMG_1402



5.ひっくり返して、弱火〜中火で蓋をして蒸し焼きにする。
IMG_1404



6.甘辛ダレの材料を混ぜてから入れて煮からめる。
IMG_1414



7.お好みで大葉や七味や卵黄と一緒にも美味しいです。
IMG_1482



  Cooking NOTE   

蓮根は両面につけて挟んでもOK。お好みで♪
お好みで七味や卵黄を添えると美味しいですよ。
肉だねは出来るだけ素早く&しっかりこねるとより美味しいです。のんびりこねているとお肉の温度が上がってパサつきの原因になります。こねが足りないとお肉の結合が弱く肉汁が流れ出てパサつきの原因に。



  こんだて NOTE   
この日の献立は…
IMG_1480
献立について詳しくはこちら→☆★





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食と幼児食のブログもよろしくお願いします♡

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

クックドゥ風!簡単肉味噌キャベツ
IMG_9376




CMでお馴染みの、クックドゥの肉味噌キャベツを、お家にある調味料で再現!


なーんて言っても、クックドゥの食べたことないので、勝手に和風寄りの肉味噌キャベツにアレンジしましたo(`ω´ )o



挽肉と細かく切った野菜を先に炒めて、合わせ調味料入れてとろみをつけて肉味噌あんをつくり、そこにキャベツを入れて仕上げます。


麺つゆ使って和風寄り〜と言っても、食べ応えもしっかり!
ごはんご盛り盛りすすみますよ✧


主人も大喜びで、4人分と言いながら、おちびと3人で食べ切ってしまいました笑


おちびは離乳食期なので、味付け前に取り分けています。
キャベツも後入れではなく、おちびの分だけ先にお肉たちと一緒に炒めて取り分けました。

ということで、うまいことやれば赤ちゃんも一緒に楽しめますo(`ω´ )o





それではレシピです*





IMG_9377

ックドゥ風!簡単肉味噌キャベツ
  材料*4人分  
・豚挽肉   300g
・ながねぎ    1本
・えのき茸   1袋
・キャベツ   1/4個
・ごま油   大さじ1/2

〈合わせ調味料〉
・水   200cc
・味噌   大さじ1.5
・麺つゆ3倍濃縮   大さじ1.5
・みりん   大さじ1
・おろしにんにく、おろし生姜   小さじ1/2
・愛情


  詳しい作り方  

1.ごま油を熱し、豚挽肉を炒め、色が変わってきたら、長ねぎみじん切りと、細かく切ったえのき茸を入れて炒め合わせる。
(離乳食取り分けもあったので、おちび分のキャベツもこのときに先に炒めています)
IMG_9351


2.具材に火が通ったら、〈合わせ調味料〉の材料を全てよく混ぜ合わせ、火を弱めてから入れてすぐによく混ぜながら加熱する。
(離乳食の取り分けは、合わせ調味料を入れる前に済ませました)
IMG_9352


3.とろみがついてグツグツ煮立つまで熱しながら混ぜたら、ざく切りしたキャベツを入れて全体を炒め合わせる。中火〜強火。
IMG_9354



4.キャベツが柔らかくなってきたら完成。
IMG_9355


  Cooking NOTE   

キャベツは後入れすることで、食感をほどよくのこします。
片栗粉は、沸騰するまでしっかり熱することで、冷めてもとろみが残るので、しっかりグツグツするまでかき混ぜながら熱します。





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食と幼児食のブログもよろしくお願いします♡

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

野菜たっぷりキーマカレー
IMG_8638



たっぷりの野菜を細かく切って、挽肉と一緒にフライパンで煮詰めて完成の、とっても簡単キーマカレーです(*^_^*)


ドライカレーは、少ない水分で煮詰めて、水分の少ないカレー。

キーマカレーはドライカレーと似た材料ですが、水分多めで煮詰めきらないカレー。


どちらも美味しいですが、ナンにはやっぱりキーマカレーが好みですo(`ω´ )o
もちろん、ごはんに合わせても美味しいですよ。



キーマカレー、たくさん作って作り置きもできます。
冷凍しておくといざというときにも便利ですね♩

温玉を合わせるともーっと美味しいです(*^_^*)


我が家では離乳食完了期のおちびも、カレー粉で風味づけだけした時点で取り分けて、一緒に食べました♩



それではレシピです*


IMG_8639

野菜たっぷりキーマカレー
  材料*たっぷり4人分  
・豚挽肉   250g
・玉ねぎ   2個
・人参  2本
・ピーマン   5個
・えのき茸   1袋
・コーン缶   1缶
・バター   10g×2
・カレー粉   大さじ2
・おろしにんにく、おろし生姜   小さじ1
・水   500cc
・コンソメキューブ   2個(粒状コンソメなら小さじ4)
・トマトケチャップ   大さじ3
・ウスターソース   大さじ3
・塩   少々
・愛情


  詳しい作り方  

1.玉ねぎ、人参、ピーマン、えのき茸は細かく刻む。


2.フライパンに10gのバターを熱して溶かし、挽肉と野菜を炒める。私は同時に炒めますが、挽肉を先に炒めて火が入ってから野菜を入れて炒めるとこぼれにくい。どちらでもOK。中火。
IMG_8580


(離乳食取り分けがあった私は、この後で取り分ける部分にカレー粉を少しだけふってから取り分けました。)



3.挽肉と野菜に火が通ったら、カレー粉、にんにく、生姜を入れて1分程度炒めて香りを出す。中火。
(写真は撮り忘れてちょっとだけ水を入れてしまった写真です、すみません。)
IMG_8581


4.水、コンソメ、ケチャップ、ソース、コーンを入れて軽くとろみがつくまで煮詰める。5分ちょっとくらいかな。
IMG_8584



5.残りの10gのバターを入れて、塩を少々ふって味を整えて完成。
IMG_8583


6.ごはんと合わせたり、ナンと合わせたりお好みで。温玉をのっけると最高です。
失敗しない温玉の作り方はこちら☆★
IMG_8639


  Cooking NOTE   

バターは風味が消えないように2回に分けて入れています。
味の濃さは塩の量で調節してください。
カレー粉とにんにくと生姜は、先に具材と炒めて香りを出します。
ウスターソースは甘めのソースですが、なければ中濃ソースでもOKです。代わりに少しだけお砂糖を入れるとコクが出ます。



  こんだて NOTE   
この日の献立は…

IMG_8636
献立について詳しくはこちら→☆★





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食と幼児食のブログもよろしくお願いします♡

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 
このブログは 食と住にこだわった
おいしいくらしのキロクです。
すぐマネできるオシャレシピ献立
インテリアやお茶の時間etc.

ブログについて詳しくは→☆★

よろしければポチッとお願いします♡
お料理レシピ一覧が画像で見られます 
✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼



今日のレシピはこちらです

もやしでカサ増し野菜たっぷり中華風そぼろあん
IMG_7950



フライパンひとつに具材をドーンと入れて炒めたら、合わせ調味料を入れて混ぜるだけ!


もやしのシャキシャキ感も楽しい、野菜たっぷりの中華風のそぼろです。


食べやすいように、とろみもつけています。
我が家では1歳3ヶ月のおちびも味付け前に取り分けてモリモリ食べましたo(`ω´ )o


それではレシピです*



IMG_7951

もやしでカサ増し野菜たっぷり中華風そぼろあん
  材料*人分  
・合挽き肉   300g
・ピーマン   4個
・人参   1本
・えりんぎ   1袋
・もやし   1/2袋
・ごま油   大さじ1/2
・水150cc
・濃口醤油、オイスターソース   各大さじ1強
・鶏ガラスープの素   大さじ1/2
・片栗粉   大さじ1
・愛情


  詳しい作り方  

1.もやし以外の材料をごま油で炒める。
IMG_7887


2.お肉にあらかた火が通ったらもやしも入れて炒め合わせる。
IMG_7889


3.火を止めるまたは弱火にしてから、水、濃口醤油、オイスターソース、鶏ガラスープの素、片栗粉をよく混ぜたものを回し入れてすぐに混ぜながら再度加熱する。
IMG_7890


4.全体にとろみがついてから1分程度グツグツとさせながら炒めて完成。
IMG_7891



  Cooking NOTE   

あわせ調味料を入れるときは、フライパンがグツグツと熱いままだと、片栗粉がダマになってしまうので、1度火を止めてから入れます。
片栗粉を入れてからは、グツグツとしっかり沸騰するまで炒めることで、冷えてもとろみが持続します。




  こんだて NOTE   
この日の献立は…

IMG_7953
献立について詳しくはこちら→☆★





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

Instagramも更新しています
仲良くしてください♡

離乳食と幼児食のブログもよろしくお願いします♡

↑このページのトップヘ